HOME>注目記事>自動車教習所に通う前に知っておきたいこと

目次

教習所で必要なこと

ポール

自動車を運転するには自動車教習所に通って免許を取得する必要があります。大阪府にある枚方の自動車教習所では自動車をはじめバイクや二種免許の取得をすることができます。自動車教習所では、筆記試験に向けての授業と実際に運転技術を習うことになります。通う際は計画性を持って実技や学科のスケジュールを事前にしっかりと把握し、効率的に通うことが重要です。

自動車学校で気を付ける点

ドライバー

枚方の自動車教習所は自動車のほかバイクなどの免許を取得するために日々多くの人が通っています。自動車教習所で注意しなければならないのは、学科や実技講習がいつ行われるかというスケジュールの把握のほかに実技の時に運転しやすい服、靴を身に付けることです。女性でパンプスを履いている場合は、ブレーキやアクセルペダルを操作する妨げになるので、スニーカーに履き替える必要があります。

教習所に通うための準備

標識

枚方の自動車教習所をはじめ、そのほかの教習所に入校した際に必要となるのは住民票、本人確認資料、印鑑、眼鏡で原付や自動二輪の免許がある方は運転免許証、そして視力が良くない方はコンタクトレンズや眼鏡が必要になるので、入校までに揃えておく必要があります。また、運転がしやすい靴を事前に用意しておくのも重要です。ヒールが3センチ以上ある履物では実技を受けることができないためです。

入校を申し込むには

教習所

枚方の自動車教習所をはじめとする全国の教習所では入校にあたって必要な持ち物があります。印鑑、着用が必要な場合は眼鏡やコンタクトレンズのほかに住民票があります。発行から3ヶ月以内のもので本籍が記載されていなければなりません。健康保険証やパスポート、あるいは住民基本台帳カードも持っていくことになります。いずれもコピー不可のため注意が必要です。