HOME>トピックス>初心者でも分かりやすい!船舶免許を取るのに必要な情報を紹介!

船の運転が出来る様になるには?

「自分で船を運転して釣りをしたい」と思っている方も中にはいるでしょう。その為には、船舶免許が必要です。その免許取得の際に、疑問に思う事を幾つかQ&Aにまとめました。それらの知識を船舶免許取得に役立てましょう。

船舶免許の疑問点

初心者にオススメの船舶免許はありますか?

船舶免許は、1級船舶免許や2級船舶免許など種類は様々です。その中で、手軽に取得可能と言われているのが、2級船舶免許になります。これを取得すると、小型船舶の運転が出来るようになり、近距離まで船を出し、バスフィッシングなどを楽しむことが出来るでしょう。

ボートの運転でも免許は必要なのでしょうか?

基本的に、公園などの手漕ぎボートとかは免許が要りません。しかし、運転するボートが大きい場合、船舶免許を取得しなくてはいけないので注意してください。

大型魚の釣りをする際に、必要になる船舶免許は何になりますか?

大型の魚は、一般的に近海付近には現れないので、外洋まで行かないと大型魚は釣れないです。外洋まで行くには、1級船舶免許が必要になります。ちなみに、2級船舶免許は、外洋まで運転するのは禁止されているため、キチンと1級船舶免許を取って、外洋まで船を運転しましょう。

様々な用途で役立つ

運転する女性

船舶免許を取得する人が増えてきています。その目的は単純なものです。まず、これを取得することで自分の船を持つことができます。自分の船で釣りをしてみたいという人も多いことでしょう。通常、船は予約が必要です。しかし、自分で所有しており、自分で操縦ができれば、その手間が省けます。いつでも自身の都合のいい時に船を出すことができるわけです。そのため、趣味が釣りという人の多くが船舶免許を取得しています。一人でも資格を持っていれば、定員であれば他にも友人や知人を乗せることは可能です。

自分で操縦できる

練習中

船舶免許の取得理由というと、自分で船を操縦してみたいという人が多くなっています。船の操縦に憧れの気持ちを抱く人も多いことでしょう。特に男性に多くなっています。また、仕事でどうしても免許が必要という人もいます。漁師などです。

レジャーで役立つ

ドライバー

船舶免許を取得すると、様々な用途で利用できます。自分の船を持っていなくても船を借りれば、自分で操縦することができるのです。船は小型でもそれなりの費用がかかるため、免許を取得したからといってすぐに購入できない人も居ることでしょう。それなら、船を借りて自分で操縦すればいいのです。仲間の中で一人でも操縦できる人が居ると、いつでもレジャーを楽しめます。仲間で釣りに出掛けるのもいいでしょう。ちょっとした船上パーティーを開くことも自由にできます。